リミックスポイントの将来性を分析してテンバガー候補になりえるか?調査してみた。

投資

kabusin.com管理人のふみです。投資家で注目を浴びる銘柄「リミックスポイント」について、将来性があるのか ? さらにテンバガー候補になりえるのか?銘柄分析してみました。

リミックスポイントの将来性を分析

設立・従業員

 2004年3月設立 184名(2021年3月末現在)

事業内容

  • エネルギー事業
  • レジリエンス事業
  • 中古車販売業
  • 金融関連事業(暗号資産交換所の運営、暗号資産送受金サービス等)

エネルギー事業

https://denki.remixpoint.co.jp/lp/teiatsu/

エネルギー事業は、主に個人、法人向けの「電力小売」事業を行っています。

基本・従量料金を最大5%OFFにするサービスですね。事業の1つが、暗号資産交換所の運営なのでプランの中に「仮想通貨付与プラン」があるのは面白いですね。多角化事業のメリットですね。

レジリエンス事業

・蓄電池・発電機等の提供、スマートシティ実現支援等

・総合的な感染症対策ソリューション

・補助金活用コンサルティング

中古車販売業

  • 仕入先・販売先を業者に特化
  • 取扱車両を高級車・外車を主体
  • 安定的に35~40億円近い売上を毎年計上できる事業構造
  • 平均粗利益率は低いが、仕入から販売までの決済回収期間が短期間であり、資本回転率が高い

金融関連事業

「BITPOINT」という暗号資産(仮想通貨)取引事業ですね。ここ数年ビットコイン、イーサリアム等の高騰で暗号資産は、注目を浴びています。

kabusin.com<br>管理人 ふみ
kabusin.com
管理人 ふみ

注目は、やっぱり仮想通貨取引「BITPOINT」の運営かなと思うよ。「仮想通貨」は、「メタバース」「NFT」のテーマと関連性が高く盛り上がれば、取引数も増えてくるはず。只他の会社も仮想通貨取引事業しているので、どれだけ新規顧客獲得できるかにかかっているかなと。。。

業績

2022年3月期通算を上方修正

2022年通期上方修正した理由として「金融関連事業を営んでいる株式会社ビットポイントジャパンが当期において、トロン(TRX)、エイダ(ADA)、ジャスミー(JMY)などを日本国内の暗号資産交換業者として初めて取扱いを開始したことから、これら暗号資産の取引を望むユーザーによる新規口座開設が進み、販売所取引の取引量が当初の予想を大きく上回ったこと等により売上を大きく伸ばすことができ、2022 年3月期通期連結業績予想を大幅に上回る見通しとなりました。」としている。

kabusin.com<br>管理人 ふみ
kabusin.com
管理人 ふみ

金融事業が好調!暗号資産は新しいものを取り込めれば、まだまだ新規顧客を獲得できる

可能性が残っているのでは?と感じさせる内容ですね

業績推移

業績について、2022年通期予想は、前年期と比べて売上高2.1倍、営業利益、経常利益共に黒字転換しています。

セグメント別業績比率 ※21年11月12日業績予想から

利益率の順は

  • 金融関連事業
  • レジリエンス事業
  • エネルギー事業
  • 自動車事業
kabusin.com<br>管理人 ふみ
kabusin.com
管理人 ふみ

金融事業の利益率の良さが見て取れますね。この会社の主力事業といってよいでしょう。

株主比率 ※21年9月期時点

リミックスポイントの株価

2022年2月10日株価:362円(前日比 -1.9%)

https://kabusin.com/chart1?st=3825

現在の株価は上記の通り、1月5日の上方修正発表後は一時460円ぐらいまで上昇したんですが、その後、下がっていきましたが、この時期は「地合いが良くなかった」ですよね?1月の日経平均やTOPIXのチャートに似てますね。

空売り情報

日証金

https://kabusin.com/chart1?st=3825

買い残が微妙に増えてっているのは、気のせいでしょうか?

東証

https://kabusin.com/chart1?st=3825

JPX(東証)のデータも、買い残ばっかり高どまってる感じですね。

株価と信用残高の比較

https://kabusin.com/chart2?st=3825

やっぱり、株価上昇に伴い買いが増えてるんですかね?

リミックスポイントの将来性をまとめると

「BITPOINT」の収益性が非常に良く会社全体の業績が上がってきている点、あとこの仮想通貨取引が今後も成長する分野だと思われる点(メタバース、NFTとの親和性が良い)から、将来性のある会社といっていいと思います。ただし今年は株式市場に取って不利な状況(インフレ、FRB利上げ)なのである程度長い目で見る必要はありそうです。

リミックスポイントがテンバガーになる可能性

十二分にあり得ると思っています。上段の信用取引の買い残が高止まっている点を見るとテンバガーへの期待があるための高止まりといっていいでしょう。只、これだけ買い残があると将来の売り圧力になるので中々株価は上がらないと思われます。なのでテンバガーになるとしてもある程度時間がかかるのではないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました