シンバイオ製薬の将来性を分析して、今後も成長する企業なのか調査してみた。

将来性

kabusin.com管理人のふみです。投資家で注目を浴びる銘柄「シンバイオ製薬」について、将来性があるのか ? さらに今後テンバガー候補になりえるのか?銘柄分析してみました。

シンバイオ製薬の将来性を分析

設立・従業員

  • 設立 2005年3月25日
  • 業種 医薬品
  • 従業員数 141人
  • 市場 東証グロース
HEROZ(株)【4382】:企業情報・会社概要・決算情報 - Yahoo!ファイナンス
東洋経済新報社の会社四季報データを元にした「会社概要」や「決算情報」など、投資に役立つ情報が満載。上場企業の特色や業績に関する情報に加え、プレスリリースや株主向けニュースなどを掲載しています。

事業内容

設立:2005年事業:特定疾病領域(がん・血液・希少疾患)における 医薬品の開発および商業化

出典: https://www.symbiopharma.com/news/irnews.html

経営理念と将来像

出典: https://www.symbiopharma.com/news/irnews.html

空白の治療領域に特化

医療ニーズと収益性の高い新薬開発

8月の下落後も買い残は一向に減ってないですね、これだけ買い残がたまっていると株価上昇には不利な状況です。(将来の売り圧力)

中期経営計画(2021~23年)

出典: https://www.symbiopharma.com/news/irnews.html

2021年度より黒字転換予想、今後の動向が気になります。

市場予想を上回れるかが、今後の株価上昇のポイントになりますね。

出典: https://www.symbiopharma.com/news/irnews.html

今後の営業利益の伸びも気になりますね。

業績

2022年12月期 第1四半期決算短信(22.05.11)

当社は、2020年12月に自社によるトレアキシン®(一般名:べンダムスチン塩酸塩またはベンダムスチン塩酸
塩水和物)販売を開始し、2021年度の最重要課題である収益化を達成しました。
地域のニーズをくみ上げることで地域のニーズに合致したきめ細かい提案を企画し、より高い生産性をもつ
営業組織体制を確立するため、医薬情報担当者を全国に配置し、更には「ヘマトロジー・エキスパート」を地
域に配置しております。また、全国流通体制を確立するため株式会社スズケン及び東邦薬品株式会社との間で
両者を総代理店とする医薬品売買に関する取引基本契約を締結、全国物流体制を構築しております。物流につ
きましては、株式会社エス・ディ・コラボとの取引を行っており、東日本地域と西日本地域の2拠点に物流セ
ンターを設置しております。
当第1四半期連結累計期間においては、2021年1月に販売を開始したトレアキシン®点滴静注液剤100mg/4mL
[RTD (Ready-To-Dilute)製剤]の投与時間を10分間に短縮を可能とする迅速靜注投与[RI(Rapid Infusion)
投与]について、医薬品製造販売承認事項に係る一変申請をしておりましたが、2022年2月に承認を取得しまし
た。RTD製剤は、従来のFD製剤に比べて手動による煩雑な溶解作業に要する時間を短縮することができ、更に、
RI投与により投与時間がRTD製剤の1時間に対して大幅に短縮されるため、患者さん及び医療従事者の負担を大
幅に低減することが可能となりました。
トレアキシン®FD製剤からトレアキシン®RTD製剤への切り替えにつきましては、医療機関のご協力を仰ぎなが
ら進めた結果、RTD製剤の医療施設への納入比率は、2022年3月末時点で99%を超し順調に進捗しました。また、
RI投与については、2022年4月末時点で93%を超す医療施設においてRI投与への切り替えの意向を確認しており、
RI投与の浸透につきましても予定通りに進んでおります。品質保証面では、トレアキシン®FD製剤・トレアキシ
ン®液剤(RTD製剤・RI投与)ともに安定供給体制を確立しております。
以上の結果、営業活動につきましては、引き続き新型コロナウイルス感染拡大による治療の遅延、施設訪問
の規制強化が継続し営業活動の制約となったこと等の要因はあったものの、2021年3月に承認となったベンダ
ムスチンとリツキシマブの併用療法(以下「BR療法」)及びベンダムスチンとリツキシマブ、ポラツズマブ ベ
ドチン(遺伝子組換え)との併用療法(以下「P-BR療法」)の再発又は難治性のびまん性大細胞型B細胞リンパ
腫(以下「r/r DLBCL」)の適応追加、並びに2021年5月の中外製薬によるポラツズマブ ベドチン(遺伝子組
換え)の薬価収載によるr/r DLBCLの売上の増加が寄与し、売上高は2,315,992千円(前年同期比63.1%増)と
なりました。

販売費及び一般管理費は、研究開発費として496,093千円(前年同期比4.8%増)計上し、その他の販売費及び
一般管理費との合計では1,388,889千円(前年同期比13.8%増)となりました。
これらの結果、営業利益は509,200千円(前年同期は営業損失210,518千円)、経常利益は478,616千円(前年
同期は経常損失208,907千円)、親会社株主に帰属する四半期純利益は、法人税等調整額でRI投与の承認等に伴
う繰延税金資産の一時的な取り崩し239,325千円があったため163,171千円(前年同期は四半期純損失209,659千
円)に止まりましたが、通期の見通しに大きな影響を与えるものではありません。
なお、当社グループの事業は医薬品等の研究開発及び製造販売並びにこれらの付随業務の単一セグメントで
あるため、セグメント別の記載を省略しています。https://www.symbiopharma.com/news/irnews.html
kabusin.com<br>管理人 ふみ
kabusin.com
管理人 ふみ

売上、営業利益ともに好調ですね。

危機は脱した感じでしょうか

株主比率

出典: https://www.symbiopharma.com/news/irnews.html

個人株主の比率が非常に高いです。一般的には消費者向けの事業を行っている企業が比率が高いはずです。(日用品、スーパーとか)

これだけ個人株主に支持されるということは、将来的な急騰狙いの銘柄(テンバガー銘柄)なんでしょう。

シンバイオ製薬の株価

https://kabusin.com/info/chart1?st=4582
kabusin.com<br>管理人 ふみ
kabusin.com
管理人 ふみ

グロース不利な地合いですから、不利なのは間違いないですね

只、業績好調のようですしタイミングを見て買いに入ってもよいかも

過去の株価の変化点

株価:1029円(2021年10月1日)

https://kabusin.com/info/chart1?st=4582

現在の株価は上記の通り、過去6ヵ月の株価推移をみると8月5日~6日にかけて大幅に下がっています。

株価:1991円→1191円(2021年8月4日→8月6日) -800円 連日ストップ安

IR情報をみると8月4日、5日は、中間決算発表・説明会があったようです。

【大幅下落の要因】中間決算(2021年1~6月期) 最終損益が2億500万円の赤字

出典:https://kabutan.jp/stock/finance?code=4582

2019、2020年度から今回で赤字解消されるのでは?という期待が高かったのが見受けられます。只、大幅に赤字縮小されていきているので今後に期待できそうです。

シンバイオ製薬の空売り情報

日証金

https://kabusin.com/info/chart1?st=4582
kabusin.com<br>管理人 ふみ
kabusin.com
管理人 ふみ

買い残がたまってますね、株価が上がらないのも頷けます。

東証

https://kabusin.com/info/chart1?st=4582

日証金と東証の信用残高を見てみますと、ほぼ信用買残ですね。将来への期待が大きい銘柄なんでしょう。

株価と信用残高の比較

https://kabusin.com/info/chart2?st=4582

シンバイオ製薬の将来性をまとめ

ニッチで高収益な領域、新薬開発が継続できれば更なる成長も

個人株主が多い、新薬が当たれば高収益化。。。。いわゆる株価10倍株(テンバガー)候補ですね。買い残が暴落後も残っている理由がわかります。米国株ではありますが、先日メルク(MRK)のコロナ治療薬ニュースで株価が+10%近く爆上げしました。製薬企業には、株主たちの期待が高いのでしょう。

「買い」かどうか

「買い」の銘柄ではあると思いますが、直近の株式市場地合いだと「買うタイミング」を見定める必要がありそうです。

シンバイオ製薬についての反応、口コミ

タイトルとURLをコピーしました